介護福祉施設の建設はチャンス

老人ホームの建築には配慮が必要

日本は世界的に見ても高齢者の割合が高い国であり、今後も高齢者人口が増加していくと言われています。

現状においても高齢者のための老人ホームの数が不足しているため、今後のニーズの増加にも対処するために老人ホームの建築が必要とされています。老人ホームが不足しているエリアでは、地方公共団体も建築には協力的な対応を取ってくれることが期待できます。老人ホームを建築する場合、まず配慮するべきこととしては、ニーズにマッチした立地を選定することが重要です。

都会に近い場所や駅から近い場所であれば、施設への来訪者にとっては便利ですが、周辺環境があまり良いとは言えないので、通所施設向きと考えられます。入所して利用することが多い有料老人ホームの場合には、入所している高齢者が落ち着いて過ごすことが出来る環境に建物を建設することが重要となるでしょう。比較して自然が多い場所であれば、住みやすい環境となるとともに、十分な敷地面積を確保することが出来ます。

建物の建築を考えた場合、細部にわたって高齢者への配慮が求められることになります。階段についても、高齢者が昇降することを考えて、手すりをしっかりと設置したり、蹴上寸法に配慮をすることが重要です。廊下の幅についても車いす利用者や杖を使って移動する人が多いことを考えた幅の確保が求められます。施設内のトイレについても高齢者が利用することに配慮した十分なスペースや設備等の設計が必要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *