介護福祉施設の建設はチャンス

老人ホーム建築のポイント

老人ホームの建築の基本は、利用者が過ごしやすく介護スタッフがサポートしやすい建物です。

利用者にとっては、安全安心の心休まる居場所です。介護スタッフにとっては、動きやすく働きやすい空間です。バリアフリーは老人ホームの建築に必要不可欠なものとなっています。身体機能や筋力の衰えた利用者のつまずきや転倒を予防し、安全を確保する基本といえます。空間の広がりも重要です。

利用者にとっては、内にこもりがちな心を解放し明るくしてくれる憩いの場としての空間です。五感への刺激は、利用者の心に親しみやすさと安心感も与えます。介護スタッフにとっては視線が通りやすく、スタッフ同士の連携がとりやすい、利用者の見守りがしやすい空間です。

広さだけではなく、天井の高さ、窓の向きや大きさなどを考慮した空間づくりが必要です。利用者は高齢の方ですから、身体機能が低下して動きづらくなっています。そのため、職員の手を借りずに日常の生活が送れるようにするには、設備などのミリ単位での調整も必要です。トイレや洗面台、浴室、それぞれの空間や寸法、ハンドルの位置など、利用者の使いやすさと介護スタッフの介助しやすさまで考慮しなければなりません。

老人ホームは一つの建築物ですが、コミュニティーでもあります。そこで暮らす利用者にはプライバシーもあります。人とのつながりも大切です。両方を実現するためには、ドアや窓の位置、各部屋や共有スペースへの動線などにきめ細やかな配慮も必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *