介護福祉施設の建設はチャンス

老人ホームの建築で必要なセキュリティの知識

老人ホームの建築ではセキュリティの知識が必要です。

通常の建物では外部からの不審者の侵入を防ぐだけを考えれば良いのと違って、老人ホームの建築では入居者が屋外に出る行為をコントロールする必要があります。高齢者の場合は痴呆症をかかえていることが多く、徘徊の危険が高まります。徘徊は厳重にチェックすることが必要で、出入り口の管理が大切です。

出入り口は二重ロックなどにより内側から自由に開放できない工夫が必要です。暗証番号による電子ロックも効果的で、必要な場所に設置することが望まれます。エレベーターを簡単に利用できない工夫も必要で、仕様の変更が必要です。老人ホームの建築では、利用者が危険な状態に陥らないような十分な配慮が望まれます。老人ホームのセキュリティは火災時の避難を妨げるものであってはなりません。

厳重な扉の管理は、火災時の避難には邪魔になります。火災時は職員による迅速な誘導が必要で、日ごろから訓練を積み重ねる必要があります。避難に関しては、消防署と打ち合わせを十分に行うことが大切です。適切な数の階段の設置や十分な廊下幅が必要です。火災時の避難を容易にするために、2方向避難を確保することも大切です。

2方向避難はどの場所からでも複数の避難経路を確保するものです。老人ホームでは、法律に基づいた消火設備の設置も必要です。規模が大きなものにはスプリンクラーを設置することで、安全な施設として使うことが可能となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *