介護福祉施設の建設はチャンス

プロの技が欠かせない老人ホームの建築

老人ホームは、年々需要を増すだけでなく、介護サービスの発展により高いレベルの建築案が求められるようになってきました。

単に家を建てる、アパートメントを建設する、といった従来の技術と知識だけではお年寄りが本当に過ごしやすい場所になるとは限らないのが現実です。誰のために作る建物なのか、じっくり向き合って考えてくれる建築業者が、今後の高齢化社会に向けて欠かせない存在になります。バリアフリーという言葉が巷にあふれていますが、徹底したバリアフリー建築の完成にはかなりの知識と経験を要します。

老人ホームの利用者は、誰もが同じ体の調子ではありません。足腰はしっかりしているけれども視力の弱った人、体調はよいけれどちょっとした段差でもつまずいてしまう人など、加齢による不調は十人十色です。老若男女問わずどんな状態の人でもストレスなく建物を使うことができる設計には、そのことにこだわってきた経験と知識は貴重です。また、トイレや水回りの充実、介護用のお風呂や広い厨房にも工夫が必要。

老人ホームで働くスタッフは、建物の利用者の一人ですから、いかにスムーズに日々の仕事をこなすことができて、お年寄りへのサービスを充実させることができるかは、老人ホームの建築にかかっているといっても過言ではありません。緊急時にベッドごと運ぶことのできる大きなエレベーターが必要であったり、避難時用のすべり台など、緊急事態への準備も気配りの利いた設計と同時に、病院などでも求められるレベルの建築計画が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *