介護福祉施設の建設はチャンス

提供するサービスで違いが出る老人ホームの建設

少子高齢化が信仰している日本においては、総人口における65歳以上の高齢者が占める人口比率が年々球速に高くなっている現状があります。

総人口の4人に1人以上が65歳以上の高齢者である超高齢社会に突入した日本においては、介護が必要な高齢者の割合も増え続けており、介護業界に求められる役割はますますおおきくなってきているのです。介護が必要な高齢者を社会が支えていく仕組みを構築するために、平成12年4月には介護保険法が施行されました。

この保険法が成立したことによって、老人ホームなどの運営に民間企業が参入できることになり、平成12年以降老人ホームの建設や運営に数多くの民間企業が乗り出してきたのです。老人ホームなどの介護事業所を建設する際には、介護保険法で定められた様々な基準や規定をクリアして設計と建設を行う事が当然必要です。

そこで生活する高齢者が快適に安全に生活できる為の最低限の基準が設けられており、その条件を満たした上で、どのようなサービスを提供していくかによっても、設計や建設は変わっていくのです。ユニットケアを行うホームであれば、各階に浴室や台所、リビングなどの共用スペースが充分に設けられている必要があり、重介護者を受け入れる老人ホームであれば、機械浴などの入浴機材を導入する必要もあります。

面会時間の設定によっては、玄関やエレベーターなどのセキュリティをどのようなシステムで管理していくかにも違いは出ます。食事の提供方法の違いによってもリビングで食事をする環境を作るのか、レストラン方式で食堂を準備するのかにも違いが出ます。実際の運営をどのように行うかをきちんとシミュレーションした上で、それに対応した設計と建設を行う事が欠かせないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *