介護福祉施設の建設はチャンス

老人ホームを建設するための条件

一言で老人ホームと言っても、介護付きか住宅型か、または健康型なのかによって、そこで提供されるサービスは違ってきます。

それに伴って、新しく建設するのに必要とされる事柄もある程度異なると言えるでしょう。それで、まず手始めに、どのようなタイプの老人ホームを建設したいかを決定しなければなりません。基本的に言って、どのようなタイプの老人ホームを建てるにしても、立地条件は大変重要なポイントとなり得ます。

高齢者が長期間暮らす場所になるということを考えて、健康的かつ安全な生活が維持できる環境にすることが求められるでしょう。例えば、住宅地からあまりに遠く離れた場所に建設するなら色々な面で不便なため、住宅地からそれほど離れていない場所に建てることができるかもしれません。

また老人ホームの建設に当たって考慮すべき別のポイントは、高齢者が安心して生活できる環境を整えるために一定の設備基準に従うことです。例えば、住宅型有料老人ホームを建設するための基準として、居室は個室が原則となっており、床面積は13平方メートル以上と規定されているのです。

さらに、車椅子を使用する入居者のために廊下は1.8メートル以上に広さが必要であるとされています。仮に車椅子同士がすれ違うスペースがあるようなら、1.4メートル以上必要であると言われています。もちろん細かな点については自治体によって規則が設けられていることもあるため確認が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *