介護福祉施設の建設はチャンス

老人ホームの建設はマンションよりも費用がかかります

高齢化に伴い全国各地に老人ホームが増えていますが、建設するには莫大な費用がかかります。

家賃収入が大きな収入源にはなりますが、設立にあたってかかる費用はマンションよりも高いです。老人ホームの建設する場合、バリアフリー化は当たり前でサービス付き高齢者向け住宅なら、便所や洗面設備等の設置項目も含まれています。この基準を満たそうとすると、マンションやアパートなどの賃貸住宅よりもコストがかかってしまいます。

コストを利用者に反映させるのは難しく、また収益性がダウンする可能性が高いことも考慮しておくことが重要です。老人ホーム建設に際しては、定員50人程度の施設でも費用は約3億円必要です。物件を取得するだけ約1億円かかり、施工費や什器、備品、広告宣伝費などでも1億円くらいかかるので全部で約3億円かかる計算になります。

中でも一番高くつくのは物件の取得費用で、居抜きで取得してもサービス付き高齢者向け住宅に変更するには大規模なリフォームが必要です。費用を抑えるには助成金の活用が必至で、サービス付き高齢者向け住宅の場合、開設にあたって国からの補助金が交付される仕組みになっています。

有料老人ホームは国からの補助金や助成金は期待できないので、建設に当たって援助は得られないことを頭に入れておく必要があります。コストを抑えるには寄宿舎を考慮すると良く、建物を寄宿舎にすることで費用を抑えることが可能です。共同住宅の場合は台所やトイレ、洗面や浴室を必要とするのでコストがかさみますが、寄宿舎にすれば設備を共用することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *