介護福祉施設の建設はチャンス

介護福祉施設の建設の豆知識

近年、高齢化社会が進んでいる中で、高齢者をいかに介護していくかが重要な課題です。

こうした中、高齢者を支援する施設として介護福祉施設が注目されており、そのニーズも高まりを見せています。このため各地においてその建設も盛んになってきています。介護福祉施設には主に住宅型有料老人ホームと介護付有料老人ホームの2種類あります。

前者は生活支援などが付いた高齢者向けの居住施設です。介護は付いていませんが、介護が必要となった場合に入居者の選択によって地域の訪問介護などの介護サービスを利用しながら住宅型有料老人ホームでの生活を続けることも可能です。

居室は個室であること、面積は13平方メートル以上であることが建設の条件となっています。一方、後者は介護などのサービスが付いた高齢者向けの居住施設です。介護が必要となっても入居している介護付有料老人ホームが提供する介護サービスを利用しながら生活を続けていくことができます。

建設基準の基本は前者と同じとなっています。このほかサービス付き高齢者向け住宅というものもあります。これは介護施設というよりも高齢者に特化した賃貸住宅といった特徴のある施設です。このため施工に関するルールは上述の施設よりも緩めとなっています。

具体的には居室面積は25平方メートル以上で、すべての居室にキッチンやトイレ、収納スペース、洗面所及び浴室を設置しなければなりませんが、一定の条件を満たしていれば一部共用として設置することもできます。

なおこれらの条件はあくまでも原則で、個々のケースによって条件は異なってきます。したがって介護福祉施設を建設するに当たっては、事前に自治体などに確認する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *