介護福祉施設の建設はチャンス

介護福祉施設の建設に必要なもの

介護福祉施設の建設には、つくりたい介護福祉施設の種類を把握したうえで多額の費用を必要とします。

まず、こうした介護や福祉をメインとした施設には住宅型有料老人ホーム・介護付有料老人ホームのほかサービスが付いた高齢者向け住宅の3種類が該当します。それぞれつくるにあたっては一定の決まりが設けられていることが通常です。

例としては住宅型有料老人ホームの場合では居室は個室が原則となっており、面積に関しては13平方メートル以上でなければならないという決まりがあります。

そして特に重要なポイントとして細かなルールに関しては、地方自治体によって解釈が違い中には独自の規則を設けているケースも存在するため設計をする前にはしっかりと自治体に確認をする必要もあることがいえます。

そのほか、介護付有料老人ホームには都道府県や市町村(地域密着型の場合)から指定される必要が生じることが条件となるので要注意です。もう一つ覚えておいたほうが良いポイントは介護福祉施設の建設の場合条件があてはまれば国から助成金が支払われます。

介護福祉施設の建設で有利に働くのは社会福祉法人・医療法人が建設を希望する場合で、これらのケースでは参入障壁が高いこともあり利益をあげやすく助成金も多いというメリットもあります。

ほかにも、社会福祉施設を整備する団体に対して補助金の支給や融資制度が設けられているため設計を依頼する前にこうした制度をうまく活用していきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *