介護福祉施設の建設はチャンス

介護福祉施設の建設で気を配りたい場所とは

日本は超高齢社会に突入した時代になりました。

4人に1人は65歳以上の高齢者と言われており、総人口における高齢者の割合は年々増え続けています。このような社会を見越して平成12年4月には介護保険が施行され、介護が必要な高齢者を社会全体で支援していく仕組みが構築されたのです。

介護保険法の導入によりそれまでは措置で提供されていた高齢者支援が、利用者自身が自分でサービスを選べる時代になりました。40歳になると保険料の支払い義務は発生しますが、介護が必要な状態になった時に1割~2割の自己負担金で必要な保険サービスを利用できるようになりました。

この法令導入された後は、その支援を必要としている人々のニーズもあり、介護福祉施設の建設は増え続けている状況にあるのです。介護福祉施設の建設においては、介護保険法で制定されている様々な規定をクリアする事が大前提になります。

その条件をクリアしないことには事業開設の申請に対して認可も下りませんし、開設して事業を行うことも出来ません。そこで生活する要介護者が安心して安全に生活が出来る様に様々な配慮がなされた介護福祉施設の建設が望まれているのです。

それと同時に敬語福祉施設の建設で気を配りたいことには、ケアスタッフが効率よく働けるバックヤードの充実も挙げられます。24時間絶え間なく食事や排泄、入浴や健康管理など様々な支援を提供しているケアスタッフの働きやすさは、そのまま入居者の快適な生活に直結しているのです。

例えば介護を行う際には様々な汚物処理を行う必要が発生します。排泄物や汚染物の処理、感染症予防のための消毒処理など様々なケースが考えられます。

入居者の生活空間には直接関係ありませんが、汚物処理室の水回りの環境や洗濯環境などもスタッフの導線や業務の手間を省くためにはとても重要です。スタッフが働くバックヤードの充実も欠かせないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *