介護福祉施設の建設はチャンス

介護福祉施設の建設によって資産運用

空いている土地を有効活用するための土地活用・不動産投資には、様々な方法があります。

土地のスペースをそのまま駐車場にする方法がもっとも簡単ですが、他には、新しい建物を建設する方法が一般的です。建物としては、駅に近くて立地がよく、周辺の人口が当面増加する地域なら、マンションやアパートを建設するという方法が一般的かもしれません。

集客が見込めるなら、その建物の一階をテナントにし、コンビニなどを誘致する方法もあります。コンビニが一階にあるマンションは、住民にとっても便利なので、借り手がつきやすいというメリットがあります。

しかし、立地が良くない場合は、賃貸や分譲住宅、商店など、どの方法も経営が難しくなります。駅に近いなどの立地が良くなくても、資産運用として有効な方法は、介護福祉施設を建設することです。

日本は、急速に高齢化が進んでいるため、高齢者など介護を必要とする人は、今後確実に増えるため、需要があるからです。介護福祉施設の場合、駅から遠い立地の良くない場所であっても、宿泊施設のある場合や、訪問介護を行う施設の場合は、それほど問題になりません。

デイケアがメインであっても、送迎の手段(ワゴン車など)があれば問題ありません。介護福祉施設を建設する費用においても、自治体から補助金が出たり、税金の面で優遇されるため、他の商業施設などと比較すると有利なのです。

また、長期的に安定した収入が見込めるというメリットもあるため、将来的に有望な資産運用の方法の一つとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *