介護福祉施設の建設はチャンス

介護福祉施設を建設する場合のポイント

少子高齢化の今、介護福祉施設の数は足りていないのが現状なので新たな事業として参入を考える人も多いでしょう。

それには介護福祉施設の建設が必須ですが、これは一般住宅とは異なるポイントも多々あるので理解しておく必要があります。そもそも一般住宅なら駅から近くて通勤通学に便利な場所や、近くに商業施設があって買い物に便利な場所など生活のしやすさを中心に立地を考えます。

ところが介護福祉施設の場合には送迎などをする際に人通りが多いと妨げになることから通行量が少ない場所が好まれるし、交通量も事故を防ぐ為に少ない場所が選ばれる傾向にあります。要するに大通りから少し離れた場所で、広いスペースが使える立地が最適だということです。

また、建物の建設に関しても一般住宅の場合には予算に合わせて部屋数や間取りを決めて建設をしていくが、介護福祉施設の場合は介護に要する規模によって目安があります。

例えばデイケアやデイサービスの場合、利用定員数の約2倍の坪数が目安となっていて、利用定員が40人なら約80坪が必要になるということです。

これ以外にも出入り口には車椅子でもスムーズな出入りができるようにスロープを設置したり、トイレもバリアフリー仕様にして常に快適に過ごせるような設備が必要になります。

だからといって設備を付けすぎると予算を超える恐れもあるので、大切なことは必要なものと不要なものの選定を明確にして予算内に収めることです。

基本的には法律で定められた必要最低限の設備を設置して予算内に収まれば問題ないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *