介護福祉施設の建設はチャンス

介護福祉施設の建設は安全向上を意識して

介護福祉施設は現在多数建設されています。

高齢化社会を反映してのものですが他のものとは特色を図り、利用者へアピールできるものを建て、収益性を向上させたいものです。老人ホームなどは行政の補助が入りますが、その分建築には様々な制約があり規制も厳しいものになってきています。

利用者は万が一の災害の際は避難行動に支障がある方がほとんどです。従業員の教育は大事ですが、それ以上に建物の設備、いわゆるハード面で対策できるものは、対策されるという法規制が根本の考え方にあります。

建物の敷地に対する制限、建蔽率や高さの制限である容積率も地域によって基準が変わってきます。基準が緩和されていればそれだけ大きな施設を建設しやすいものです。介護福祉施設の内装についても基準があります。

防火区画をしっかり形成する必要があります。出入り口となる扉には、防火戸と言われる鉄製の扉を設置することになります。これは万が一の火災の際に延焼拡大を阻止するために設置されるものです。

消防機関へ通報する際は119番通報ですが、介護福祉施設では消防機関へ直接通報できる装置である、火災通報装置の設置が求められます。これは自動火災報知設備が作動した際に、自動的に録音されている音声でデータで119番通報するシステムです。

消防機関ではこれを聞くことにより、呼び返しを行いますが、返答がない場合は、火災発生と認識して消防隊の出場を行います。これにより迅速な火災対応が可能となってくるのです。介護福祉施設の建設は利用者の安全を意識しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *