介護福祉施設の建設はチャンス

介護福祉施設の建設と申請許可

介護保険制度では介護福祉施設などの建設に関して許可申請を行う必要があります。

この申請では建物それ自体の許可と介護保険事業に関する許可との2種類に分かれ、それぞれ別個に相談を行うとともに申請も同様にするという対応が必要不可欠です。

このとき介護保険制度で求められる基準をしっかりと確認しなければいけません。介護保険では介護福祉施設について入居者数などで建物などへの影響があるからですが、建設にいったん入ってしまうと計画の変更は容易ではありません。

特に注意を要する点として今では新規の施設系サービスについて、ユニット型すなわち個室にするように指導があります。

夫婦入居を考えている場合などは例外として2人部屋などを認めるケースはありますが、原則はユニット型である個室になります。

介護福祉施設では個室型の建設を行うことが求められるので、病院等に良くある4床の場合よりも高額なコストがかかることに注意が必要です。

介護福祉施設では建設前に完成予定に関する図面を行政に提出し仮申請を行うようになりますが、ここから変更を行うときには非常に難しいことがあるので、最初の段階で不明な点は全て無くすぐらいの対応をします。

その上で少しずつ建物を作っていくわけですが、完成後には速やかに正式な許可申請を行うなど行うべきことがたくさんあります。

このとき書類それ自体は建てているときから準備を少しずつ行うなどして、申請時に慌てないようにしなければならないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *