介護福祉施設の建設はチャンス

介護福祉施設の建設で守るべき事とは

日本では高齢者の人口比率が増加し続けています。

特に都心では高齢者の単独世帯や夫婦のみの世帯なども増えており、地域からの孤立や孤独死などの問題も深刻になっているのです。

超高齢社会に突入した日本では総人口の4人に1人が65歳以上の高齢者になっており、その割合は今後も増加し続けると言われているのです。少子高齢化の社会において、国民全体で高齢者の支援を行っていくシステムとして平成12年4月に介護保険法が施行されました。

この制度によって民間企業の介護業界への参入が認められ、介護福祉施設などの建設は増え続けています。介護福祉施設を建設する際には、法令で取り決められた様々な規定をクリアする事が最低条件になっています。

介護施設を利用する要介護者が安全で尊厳を守られて生活していくために、居室や共用スペースなどに関しても様々な規定が設けられているのです。

介護福祉施設の建設においては、特に都心では土地の価格が高いことも有り充分にゆとりのある敷地面積で建設できないことも少なくありません。

だからこそ、法令で規定されているぎりぎりの条件を満たす設計にするだけでも大変なのです。とはいえ、介護福祉施設の設計や建設で忘れてはいけないことは、要介護者を最前線で支えているケアスタッフの存在です。

介護スタッフが気持ちよく働きやすい環境である事が高齢者に良い支援を行えることに繋がっています。介護を効率よく行う為には、スタッフが利用するバックヤードの環境にも配慮されている事が大切なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *